• トップ
  • バックナンバー検索(『企業実務』付録<実務情報Series>)

実務情報Seriesバックナンバー

実務情報Seriesバックナンバー

実務情報Series(『企業実務』付録)の記事を過去5年分閲覧できます。
(注)バックナンバーの記事は発行時の内容です。
現在の法令などに準拠していない場合もありますのでご了承ください。

実務情報Series 一覧(発行年別)

実務情報Series 一覧

  • 最新版 支払報酬・料金等からの源泉徴収ガイド
    (2014年12月号) 国内において報酬、料金、契約金または賞金の支払いをするときには、従業員に給料を支払うときと同じように、その支払者が定められた税率による所得税を徴収し、国に納付しなければなりません。ところが、支払報酬・料金等からの源泉徴収事務には例外規定も多く、また徴収モレが起こったりすると先方との交渉からして......
  • 中小企業のための「CSR(企業の社会的責任)」入門
    (2014年11月号) CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)は大企業を中心に意識や取組みが高まりつつありますが、中小企業においても、企業理念にCSRの思想が盛り込まれていたり、日々の活動のなかでCSR的な業務を無意識に行なっているケースは少なくありません。中小企業が大......
  • 「会社の備品・少額資産」の購入・管理ガイドブック
    (2014年10月号) 会社は事業を営むために必要な資産を購入したり、自ら製作したりして使用します。販売目的でなく継続的に会社で使用することを目的とする資産を会計上は「固定資産」と総称することになります。固定資産には、高額なもの、少額なもの、長く使用できるもの、使用期間が比較的短いものなど、様々なものがあります。通常......
  • 若手&営業担当者のための「経営数字の捉え方」入門
    (2014年9月号) 経営層や経理部門には会計の知識は必須といえますが、経理以外の若手社員や営業担当者にも、営業成績や会社利益の向上につながる経営数字の基本的な事項は皮膚感覚として身に付けさせたいところです。今回は、そうした社員に教えたい経営数字の基本的な知識について解説します。社内研修のテキストとして、また基礎的......
  • 初めての「従業員満足度調査」実施マニュアル
    teisei.gif

    (2014年8月号) 従業員の生産性の高さは、仕事のやりがいや会社に対する満足度と深く結び付いているといえます。その指標として注目されるのが従業員満足度(ES)です。そこで、従業員満足度調査を導入したいと考えている企業に参考になるよう、企画から調査の実施、分析・活用までの流れと、成功のためのポイントをまとめました。執......
  • 中小企業のための「助成金」受給&活用マニュアル
    (2014年7月号) 「助成金」とは、厚生労働省関係の団体が中心となって、労働者の雇用促進・能力開発などに努める企業に費用の一部を支給するものです。融資と違って、返済をする必要がない点は大きな魅力といえます。2014年度については、消費税の増税に関連して労働移動とそれに伴う教育関係の助成金が厚くなった印象があります......
  • 下請法の法律知識と困ったときの有効活用法
    (2014年6月号) 下請法(下請代金支払遅延等防止法)は、下請事業者の保護と下請取引の適正化の確保を目的とした法律です。独占禁止法による手続きでは迅速に下請事業者を救済することができないため、独禁法を補完する法律として運用されています。 本稿では、下請の立場にある中小企業が知っておきたい法律知識と、困ったときの対処......
  • 「平成26年度税制改正」早わかりハンドブック
    (2014年5月号) 今回の税制改正には、4月の消費税率8%への引上げに伴う景気の落ち込みを最小限に抑えるため、企業の投資を促す減税策などが数多く盛り込まれています。企業向け減税をきっかけに、賃上げや消費拡大、景気回復につなげようとする政府の狙いが伺えます。 これらのうち、中小企業に関連する事項を中心にみていきます。......
  • 新入・若手社員のための「報告・連絡・相談」レッスン
    (2014年4月号) 報連相(報告・連絡・相談)を、単なるビジネスマナーととらえている人は少なくありません。たしかに、報連相には仕事を進めるうえでのビジネスマナーの要素もありますが、実は報連相は仕事の進め方そのものです。仕事に関わるすべての人が、その役割や状況に応じた報連相を求められているのです。本稿を通じて、若い......
  • 2014年・新版 社長交代に伴う法定・社内事務の手引き
    (2014年3月号) 社長交代はそう頻繁にあるものではありません。ですから、どんな手続きを、いつごろまでに、どのように進めればよいのか、わからないという方が多いようです。いざトップが交代、となった場合に実務担当者が行なうべき事務は、役員変更登記、代表者変更に伴う税務署や年金事務所等への届出、新代表者印の新規登録など......
  • 今日からアナタも「出張の達人」ハンドブック
    (2014年2月号) 営業部門でなくとも、出張して自社の拠点や取引先を訪問する、という機会は意外とあるものです。慣れていない仕事であれば、そのなかで思わぬ“困った”事態に遭遇するかもしれません。 出張をうまくこなすには、事前準備が大切ですし、トラブルも予想ができれば前もって対策を打つことが可......
  • 両方使いこなせて一人前 ビジネスパーソンのためのアナログ&デジタル手帳術
    (2014年1月号) 年末から年初にかけて、書店や文具店の店頭には多数の手帳が並びます。また、スマートフォン(スマホ)の手帳アプリも様々な種類が出されています。 こうした状況になると、手帳に関して自分はアナログ派、デジタル派というように「垣根」をつくるのは得策ではありません。これからは、アナログとデジタルのよいところ......
企業実務 最新号のご紹介