• トップ
  • バックナンバー検索(『企業実務』付録<実務情報Series>)

実務情報Seriesバックナンバー

実務情報Seriesバックナンバー

実務情報Series(『企業実務』付録)の記事を過去5年分閲覧できます。
(注)バックナンバーの記事は発行時の内容です。
現在の法令などに準拠していない場合もありますのでご了承ください。

実務情報Series 一覧(発行年別)

実務情報Series 一覧(発行年別)

  • ビジネスパーソンの常識として身に付ける「会社の電話」応対
    ビジネスパーソンの常識として身に付ける「会社の電話」応対
    最近では、携帯電話やSNSでのコミュニケーションが主流で、プライベートにおいては電話の取次ぎが減り、以前に比べ電話のマナーを意識する場面は少なくなりました。特に、若い世代では固定電話を使ったことがない人も少なくないでしょう。 しかし、ビジネス電話においては、プライベートとは異なるマナーやルール......
    (2017年4月号)
  • 社員の力を引き出し伸ばす「目標管理」導入ガイド
    社員の力を引き出し伸ばす「目標管理」導入ガイド
    企業の活性化とは、すなわち、「社員の活性化」です。昨今のように変化が激しく、不安定な時代には、社員が前向きにチャレンジする風土をつくり、真の企業力を高めることが必要となります。そこで注目を集めるのが「目標管理」です。 1年の目標を設定し、その進捗状況と達成度を評価していくことは、年度計画や個人......
    (2017年3月号)
  • 生産性を高める「変形労働時間制」入門
    生産性を高める「変形労働時間制」入門
    変形労働時間制とは、「一定の期間を平均として1週間40時間以内となること」を条件に、特定の日や週に、原則の1日8時間、週40時間を超えて労働時間を定めることを認める制度です。 事業の繁閑に合わせて労働時間を設定することができるため、上手に運用すれば生産性向上につながりますが、その導入と運用にあ......
    (2017年2月号)
  • デジタルの時代だからこそ手書きのひと手間で差がつく 「挨拶状」「礼状」の基本とそのまま使える文例
    デジタルの時代だからこそ手書きのひと手間で差がつく 「挨拶状」「礼状」の基本とそのまま使える文例
    ビジネス上の「社交文書」は、儀礼的なものも含めてルールに従って作成していくものです。ITが普及したといっても紙の文書で出すのが原則ですし、どのような形式が失礼にあたらないかについて知っておく必要があります。なかでも挨拶状や礼状は、会社同士の円滑なコミュニケーションを図るという点でも重要な役割が......
    (2017年1月号)
  • 常識として押さえておきたい「節税のきほん」
    常識として押さえておきたい「節税のきほん」
    企業にとって、資金を無駄遣いせず、利益を出して経営を安定させるために節税対策は必要ですが、法令の範囲を超えてしまうとそれは「節税」ではなく「脱税」となってしまいます。 「節税」という言葉の意味を正しく理解しないと、根本から間違った節税対策をしてしまうことになりかねません。税金を余計に払うはめに......
    (2016年12月号)
    訂正のお知らせ

    7ページ左段の「交際費枠800万円を上手に使う」の見出しから13行目以降の記述で、「期末資本金が1億円以下の会社では、年額800万円までの交際費が損金に算入されます。」は、正しくは、「期末資本金が1億円以下の会社では、年額800万円までの交際費(または接待飲食費の50%相当額)が損金に算入されます。」となります。

     

    また、見出しから19行目以降の、「期末資本金が1億円超の会社については、交際費の全額が損金不算入となります。」は、正しくは、「期末資本金が1億円超の会社については、原則、交際費の全額が損金不算入となります。ただし、交際費のうち接待飲食費については、その50%が損金算入されます。」となります。

     

    謹んでお詫び申し上げます。

  • 重要書類等の紛失・盗難が発生したときの手続きガイド
    重要書類等の紛失・盗難が発生したときの手続きガイド
    社内で保管していた重要書類等が盗難に遭い、しかもそれが悪用されるケースは、それほど多くはないでしょう。しかし、電車やバスに置き忘れる、不要な書類と勘違いして廃棄してしまう、あるいは保管・管理体制の不備から紛失してしまうということは、どの会社にも起こり得ます。理由はどうあれ、ひとたび重要書類等の......
    (2016年11月号)
  • 新規取引の際につまずかないための心得帖
    新規取引の際につまずかないための心得帖
     企業が売上を上げて成長をとげていくためには、既存取引先の深耕とともに、新規開拓が不可欠です。ただし、これまで付き合いのなかった企業と新しく取引を開始するにあたっては、色々なリスクも伴います。そこで、新規取引を開始するにあたって押さえておくべき事項について解説します。はじめに[執筆者]有限会社......
    (2016年10月号)
  • 最新版 帳票・書類の法定保存年限と電子保存の実務
    最新版 帳票・書類の法定保存年限と電子保存の実務
     情報化社会の進展によって、企業が扱う帳票・書類(文書)の量は飛躍的に増大しています。企業としては、必要な文書を取捨選択しながら、保管スペースや事務処理コストを考え、漏れなく効率的に管理・保存していかなければなりません。 その際、紙による保存か、電磁的記録による保存(電子保存)かの選択は重要な......
    (2016年9月号)
  • 最新版 実務担当者のための内容証明郵便使いこなし術
    最新版 実務担当者のための内容証明郵便使いこなし術
     ビジネスの現場において内容証明を送付する機会は、それほど多くはないと思います。 それゆえ、いざ内容証明を送付する事態に遭遇すると、どのように記載すべきか迷うことが往々にしてみられます。 本冊子は、ビジネスの現場において内容証明を発送する典型的なケースを取り上げ、記載例とポイントについてまとめ......
    (2016年8月号)
    訂正のお知らせ
    10ページに掲載した通知書文例の7行目にある
    「ふたば株式会社」は
    正しくは「きぼう株式会社」です。

    謹んでお詫び申し上げます。
  • 平成28年度版「助成金」受給&活用マニュアル
    平成28年度版「助成金」受給&活用マニュアル
    国の雇用政策の目的は、若者、女性、高齢者、障害者など働く意欲のあるすべての人たちが能力を発揮し、安心して働き、安定した生活を送ることができる社会の実現です。この政策を達成するための手段の1つが、雇用保険制度からの助成金です。助成金は、厚生労働省関係の団体が中心となって、労働者の雇用促進・能力開......
    (2016年7月号)
  • 平成28年度税制改正早わかりハンドブック
    平成28年度税制改正早わかりハンドブック
    安倍内閣はこの3年間、「3本の矢」からなる経済政策を一体的に推進してきましたが、少子高齢化なども構造的な課題となっており、政府がめざす「誰もがチャンスを保障され、活躍できる社会」の実現は簡単ではなさそうです。 今回の改正は、安倍内閣が新たに掲げた3本の矢、一億総活躍社会を後押しするとともに、企......
    (2016年6月号)
  • 新任マネジャーに徹底すべき 管理監督者の「責任と権限」
    新任マネジャーに徹底すべき 管理監督者の「責任と権限」
    4月から管理職に昇任した新任マネジャーはもとより、管理職としての経験を積んでいる人でも、いわゆる管理職研修などの教育を受けておらず、自らの法的立場についてきちんと理解している、という人は多くはないと思われます。単なる管理職と管理監督者とではその責任や権限が異なることは、いずれの立場においても意......
    (2016年5月号)
企業実務 最新号のご紹介