• トップ
  • 月刊『企業実務』最新号目次

企業実務最新号のご紹介

企業実務

企業実務

企業の経理・税務・庶務・労務担当者の執務指針
会社の事務はこの1冊ですべてOK!
『企業実務』は、総務・経理部門の仕事を全面的にバックアップします

発行:日本実業出版社
発売日:毎月25日/サイズ:A4変型判(付録つき)

特別記事

経理・税務

人事・労務

総務・法務

その他

別冊付録

  • 【付録】 実務情報Series付録一覧 2018年度最新版 社会保険と税金の端数処理ハンドブック アクタス社会保険労務士法人 社会保険労務士 山崎精一郎/アクタス税理士法人 税理士 藤田益浩 訂正のお知らせ
    15ページ[4 年末調整]4行目から「①所得控除」までに誤りがありました。正しくは以下の通りです。
     
    計算処理が必要なもので、端数が出た場合は、1円未満切捨てが原則となりますが、切上げが認められる部分もあります。1円未満の端数が出やすいものの端数処理は次のように行ないます。
    ①所得控除
    生命保険料控除、地震保険料控除:保険料の額に応じ計算する控除額で生じた1円未満切上げ
    配偶者控除等の人的控除:端数概念は生じない

『企業実務』次号予告2018年10月号(9月25日発行)

特別記事

本誌特別調査 総務・経理担当者の「知識武装」

既存のルールにのっとって決まったことをやっているだけではいずれ仕事はたちゆかなくなる。総務・経理担当者がいまどこから情報を得ているのかについて調査し、必要な「知識武装」について明らかにしていく。

主要記事
  • 税務調査の指摘に納得がいかないときの国税不服審判所の活用法
  • 適正な領収書が入手できなかった場合の記録はどう残す?
  • どう考える? 退職する従業員の権利と責任
  • 派遣労働者受入れ時に欠かせないことを確認しておこう
  • 労災保険の「メリット制」を理解するためのQ&A
別冊付録

管理職なら知っておきたい「重要労働判例」とその読み方

  • 10月のビジネスカレンダー
  • 10月の事務ごよみ
  • 新法令・通達解説
  • これからの法改正の動き
  • “経理のプロ”になるための「法人税」マスター講座
  • 人事担当者自身が進める“楽しい”働き方改革
  • 企業価値を高める中小企業のWebサイト運用

※掲載記事は変更になる場合があります